【イベントリポート】Beyond the Coworking:これからのコワーキングを神戸で考える〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜セッション(6)「食」食とコワーキング

去る6月16日(金)〜18日(日)の3日間、こうべまちづくり会館で開催されたイベント「Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える 〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜」のリポート、その5本目です。各セッションごとに、6本の記事にして公開します。

各リポートの後半にYouTubeの動画がありますので、ぜひご覧ください。

※各セッションのリポートはこちらです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

なお、このイベントの概要については、セッション(1)「育」子育てとコワーキングのリポートを参照ください。

各セッションは、概ね以下のようなタイムテーブルで進めました。

1)まず伊藤がセッションの目的など説明
2)次に、プレゼンターがひとり20分ずつプレゼン
3)次に、プレゼンター2人と伊藤でパネルディスカッションしつつ質疑応答
4)次に、ここまでの話を受けて、参加者全員で約20分のプチ・フューチャーセッション
5)最後にブレストの内容をそれぞれ発表し、そこで得た知見やアイデアを共有

これをだいたい、1セッション90分で行いました。

セッション(6)「食」食とコワーキング

最近では、キッチン付きのコワーキングスペースもちらほら現れるようになってきました。共に飲食することで緊密な人間関係を作ることが可能なのは誰もが実感するところかと思いますが、コワーキングがただ仕事するだけではないコミュニティとして活用できる場だとすると、キッチンという存在が結構大きな意味を持ってきます。

そこで、すでに「食」とコワーキングを関連付けてスペースを運営しておられるおふたりに、その起こりから、現在の様子、これからのことをお話しいただきました。

市川 育夢(いちかわ いくむ)氏

株式会社3co 代表取締役
コワーキングスペース「Shake Hands」主宰 
ソーシャルスペース misocia – ミソシア Community Connector

■プレゼンテーション・サマリー

・2013年の11月から広島でShakeHandsというコワーキングをやっている。コワーキングを始める前には、もともと広島でフューチャーセンターという活動を1年半ぐらいしていた。そこからコワーキングを知って、2012年の年末に佐谷さんに会い、コワーキングを始めた。

・ShakeHandsは飲食の営業許可をちゃんと取っているが、ざっくばらんに言うとコワーキングだけでは営業が成り立たないだろうと判断したから。地方都市の広島で、当時コワーキングなどなくて、うちが最初なので、どれぐらい利用者があるのか、どれぐらいの売上が立つのか、分からなかった。

・当初やっぱりイベントが多かった。その際に自分たちで料理を作って提供できるとその売上も立つので、開業当初、一年ぐらいはそこに頼ることが多かった。

・私自身はラーメン店で店長したことがあるぐらいで、たいして飲食店の経験はない。ただ、広島の中山間地域で農業を勉強したことがあるので、広島の生産者さんから美味しい農産物を手に入れるルートがあったのが、当初「食」をエッセンスとして取り入れたというのがきっかけ。

・飲食の役割としては、コミュニケーションを活発にするよね、というのがひとつある。なので、定期的にランチをみんなで食べるとか、ドロップインで来る方がランチ・ミーティングをしてくれるので、飲食メニューがあってよかったなと思う。

・ドリンクを注文してもらうときも受付に来ていただき、機械ではなくてちゃんとグラスに注いだものをお渡ししているので、その時に利用者さんと接してお話しする機会を作っている。

・ただ、いまだんだん会員が増えてきて、なかなか貸し切りのイベントというのが打ちづらくなってきたこともあり、いまのキッチンの位置づけは社食にもなっている。皆さん、外にご飯食べに行くとか、コンビニで買ってくるとかそれぞれだが、ちょっと仕事しながら、外出るのも面倒くさいということもあるので、安価で栄養価の高いものを食べていただこうと、毎週、週替りで定食を作ってお出ししていて、これがぼちぼちと売上に貢献してくれている。

・ちょうどここぐらいの広さにワークスペースとキッチンとがあるので、正直言ってちょっと難しいなと。飲食店に振れすぎない、ワークスペースとしての状況を維持するという点が少し難しい。

・オープン当初はカフェと何が違うのとか、電源カフェじゃないの、という話もあって「いや、全然ちゃうけど」ということはいつも言ってたが、いまはすごいコワーキングスペースっぽい雰囲気になってきて、カフェとは明らかに違うでしょ、ということになってきている。ただ、飲食に力を入れすぎてご飯目当ての人たちが来てもコワーキングスペースとは言いづらくなってしまうし、かといってコワーキングスペース寄りで皆さんご飯も食べすにただ単に仕事するだけとか、交流するだけのスペースにしてしまうと、せっかく設備投資してキッチン作った意味があんまりないのかな、と思う。ちょっとそこで今、もう少し飲食のところにも力を入れていきたいなと考えている。

・あと、うちで拾いきれていないが、キッチンがあるということで引き合いがあったのは、厨房を使ってイベントやりたい、というケースで、実際に何度かやってもらった。例えば、去年、イタリアで大きな地震があってかなりの被害を受けてるので、イタリアの食材を使ったチャリティ・イベントをやりたいということで、うちのキッチンを使ってイタリア料理とかを出したりした。あるいは、キッチンで料理作って英会話教室やりたいとか、というお話はキッチンがあるからできたことと思ってる。キッチン付きのイベントスペースという需要はあるのかなと思う。

・コワーキングスペースを始める前、サラリーマン時代に初心者向けの料理サークルをやっていた。これもやっぱり、コミュニティとして機能していて、みんなで料理を習いながらみんなで食べると仲良くなる。

・料理教室とコワーキングスペースとか、共有のキッチンスペースでみんなで商品開発をして、その試作をコワーキングの利用者に食べていただいて率直な感想を受けるとか、そこで作ったものを販売するとか、「食」とコワーキングというのは、なんとなく人が集まって何かをするスペースの可能性という意味で、小商いであったりとか、共同開発という面でも可能性はあるのかなと、今感じている。そこで作ったものをイベントなどで販売できる製造許可を取ったスペースを作れたら、「食のコワーキングスペース」というのも、今後ありじゃないか。いつか作ってみたいなと思っている。

佐谷 恭(さたに きょう)氏

株式会社旅と平和 代表取締役 
PAX Coworking 主宰 
パクチーハウス東京 オーナー 

1975年神奈川県秦野市生まれ。パクチーを愛する旅人。ランナー。98年京都大学総合人間学部卒業、2004年英国ブラッドフォード大学大学院(平和学専攻)を修了。富士通、リサイクルワン、ライブドアを経て、07年株式会社旅と平和を創立。世界初のパクチー料理専門店・パクチーハウス東京をオープン。東京初のコワーキングスペース・PAX Coworking主宰。シャルソン(ソーシャルマラソン)創始者。「肩書きは自分で作れ」がモットー。ブログはこちら。 

■プレゼンテーション・サマリー

・いま、借りているビルの3階でコワーキングをやっていて、2階でパクチー料理専門店という非常にマニアックなレストランをやっている。

・最近、パクチーブームになってきて「あ、君もパクチーやってるんだね」と言われるが、少なくとも7年間は変態と言われていたのが、最近は先駆者と言われて非常になんか腹立たしいというか、面白くないですよね。それで近づいてくる人は面白くないので、時代としては悪くないんだが、あんまり面白くないなと思ってる。ただ、日本パクチー狂会というのを12年前に作って会長をやってるのでパクチーが普及した事自体は喜ばしい。

・なぜ、パクチーをやっているかというと、ずっと学生時代から20数年間、旅をしてるのだが、旅先でいろんな人に出会う、学校に行っても会えない人、会社に行っても会えない人、そういった立場を超えて会えるというのが魅力だと思ってて、たくさん会った経験を今活かしているつもりでいる。

・日本人の働き方では、就職、結婚、出産、という人生のステップを言い訳にして何かを辞める。例えば、ぼくが海外で出会った学生バックパッカーは「就職したらこんなことはできないからね」と辞めてしまう。かろうじて続けた人も、「かみさんが喜ばないんだよね」、「子供ができたらもう無理」と、どんどん辞めていった。

・ぼくもそういう可能性はあったが、面白いからなんとか続けたかったし、ぼくが出会ったヨーロッパの旅人は、学生だから旅に行くんじゃなくて、、むしろ学生は結構忙しい、なので卒業して就職までの間かもしれないし、または卒業して就職してちょっとお金ができたらバケーションで1ヶ月旅しますとか、会社を辞めることに対する抵抗はたぶん日本人よりだいぶ少ないので、それから旅を始める。

・パートナーができたからどこかに行く、自分がやらなかった旅を子供にはさせたい、ベビーカーを押して旅をする、はじめての海外旅行が世界一周でベビーカーを押してる、そういう人を何人も見てきたので、真逆の発想をなんとかしたいし、ぼくはどっちかというとヨーロッパの人たちみたいな旅を続けたいなと思ったのがきっかけ。

・それで起業して、旅の感覚を伝える場所で、ぼくは乾杯の音頭を取る以外にほとんどスキルがない男なので、会社を作ってやることはそういうパーティーの場所で何かを伝えるということだけだった。

・最初は飲食店を月に2回ぐらい借りて、面白い人を集めてその人を応援する、今で言うとファンドレイジングのようなことを事業化しようと思った。で、そういう厚かましいお願いを飲食店にするために飲食業の勉強をはじめたが、「こうすれば儲かる」とか「なんとかマーケティング」だとかの本を読んだらすごくケチ臭くて、全然やりたくないなと思って、ある瞬間に自分でやったほうがいいんじゃないかと思った。将来、カフェをやりたいとかレストランをやりたいという人が結構いるが、ぼくもひたすら飲み続けるタイプなのでそういうことは一回も思ったことがなかったが、その瞬間に発想を変えてやることにした。

・選んだ商材はパクチー料理。日本にはなくて海外にはたくさんあって、10年前だったら知ってるか知らないかが大事で、旅してる人しか知らない食材だった。それを選ぶことによって、そういう感覚が分かる人を集めたいなと思った。

・海外ではドミトリーのゲストハウスに来て、自分のプライバシーはほとんどなくて、ロビーに行けば「ハロー」と挨拶して、座れば話が始まる、そういう簡単な空間がある、そのおかげでいろんな人と知り合える。それを10何年やってきて、こういう感覚のコミュニケーションがあればいいなと思い、そこでゲストハウスを作ってもよかったんだが、自分が飲みに行くのが好きだったので作ったのがパクチーハウス。

・商材がマニアックで、ありえないと言われた。ただ、集まった人がいろんな面白いことやってほしいので、友だちと来た人がその友だちと飲むんじゃなくて、友だち同士が一緒に乾杯する、また次飲みに行く、そんなことが起こればいいなと。

・人と人とのつながりが人生を変えるかなと思って作ったが、楽しく呑むだけではなくて、その人たちがパーティーで会ったら意気投合して会社を作ったり、隣の人の話を聞いてたらはじめてキャリアについて考えて転職したとか、ぼくは何もしていないんだが、パクチ―ハウスのおかげで起業できましたとか、転職して今日初日なんでお礼に来ました、と言われた時にぼくの頭のなかで大変革が起こって、一日数時間(いるレストラン)よりも一日10時間近い仕事場を変えようと思って、それがコワーキングにつながった。

・ここ最近、レストランを持ってるコワーキング、飲食を提供できるコワーキングが増えてるが、5年前、市川くんに会った頃は東京とか、日本じゃなくて、世界にほぼなかった。

・それを理由に旅して世界中のコワーキングスペースに行って友だち作ってた。なぜそうするかというと、マニアックなレストランとかマニアックなコワーキングスペースをいくらネットで書いても誰もいいねしてくれないが、直接会った人はいつか来てくれる。

・ヨーロッパから日本は遠いので会った人が全員来るかというとそうではないが、でも会った人が「今度友だちが日本に来る(行く)」と、東京のPAXに行けよと言ってくれる。なので、会った人の数以上の人が来てくれる。で、レストランもやってる、パクチー専門店だというと「なんだ、そりゃ〜」と言って、行くよと言って来る。

・うちは「世界のビールとパクチー料理」と言ってて旅の雰囲気を出しているが、生ビールをメガジョッキでガンガン呑むという自分の欲求を満たすような、そんなメニューを出してる。自分の国のビールがあるということと、信じられない大きさのジョッキをみんな持ってる、ということが、「あいつ、コワーキングなのに、何やってるんだ」とシェアされていく。

・3〜4年前は一時期ヨーロッパのコワーカーを中心に、「コワーキングサイズ・オブ・マグ」というタグ付けしたり、勝手に広まっていった。NYからNewWorkCityの創設者が来て、イベントやったときにも、メガジョッキ持った画像がすごくシェアされた。こんなビール飲んでるという話は伝わりやすい。その頃、毎月15件ぐらい見ず知らずの人から友達申請があった。

・いまいるメンバーに関して言うと、パクチー料理専門店というマニアックなのは一回ぐらい食べてみたいなという人がいるので、「いつ来るの?」とか厚かましくコメントを書き込む。

・プロフィールを見て、どこでも仕事できる人だなと思ったら、上の階のコワーキングで仕事して、下の階でパクチー料理食べればいいじゃんと言うと、すごく食いついてくる。しかも仕事は早く終わるし、いろんな人とも会って、コワーキングのメンバーにもなるし、レストランの売上は上がるし、ものすごい仕組み。

・PAX Coworkingはたまたま東京で最初のコワーキングだったので、最初の頃は全国から、一番多い月で、週に50人、コワーキングスペースを作りたい人が来た。いまはドロップインは月に10人ぐらいで、メンバーが17人いて、毎日使う人が半分ぐらい。

・そうすると新しい人が来て、面白い人だとランチを一緒に食べる。ランチだけだと羽目を外さないが、ちょっと下で飲んでいこうと言うと、そのあとFacebookで友だちになるだけじゃなくて、すごい面白いコミュニケーションができて友情が続くこともあるので、結果的にはコワーキングとレストランがあってすごい良かったと思う。

・実はぼくも「食」のイベントをやりたいが、店のキッチンを使ってというわけにはいかないので、キッチンを自由に使えたり、融通がきくレストランが同じ系列にあったり、近くにあると、そういった連携ができるとすごくいいと思う。

・やっぱり、呑み会。健全に運動もして、呑み会もやってる。

・これからは「移働」の時代、コワーケーションの時代。何が起こるかというと、遊びと仕事が融合する。どこかに遊びに行った時に仕事ができないわけがない、というか、スマホのせいでメールも来るし、仕事以外の時に仕事のメールが来るというマイナスの捉え方もあるが、でも一方で仕事中にLINEで遊んでる人もいっぱいいるので、ぼくはもっともっと融合すればいいなと思ってる。

・ぼくもそうだが、もっと遊びたい、もっと飲みたい、いろんな場所に出かけたい、ということと仕事するということを組み合わせるしかないなと、そういう時に人と一緒に仕事する、人と一緒にご飯を食べる、ということが大切。一日3回、もしくは2回、みんな食べるので、その場所を大事にしたいなと思ってる。

・以前、コワーキング3大事項、「あいさつ」「ランチ」「飲み会」と書いたが、これは今でも思っている。「ランチ行きましょう」と言って、「いや、ちょっと仕事が」という人は二度と来ない。ランチタイムに一緒に行くといろんな話をするので、仲良くもなるし、そこから仕事が生まれることもある。

・ランチタイムに話すことというのは、名刺交換とは違う。名刺に書いてあるのは、「自分が何で稼いでいるか」ということ。稼いでいないことはあまり書いていない。「子供が好きです」とか「パクチ―料理が好きです」「野球が好きです」「バンドやってます」というようなことは書いていない。ランチタイムではそういうことが話題になる。余裕を持った時間にそういうことをもっとやっていきたい。

ノート

今回のイベントの中で「食」というテーマに「え?」と思われる方もおられたと思いますが、すでにコワーキングは単なる作業場から次のフェーズに入っており、さまざまな人たちの目的を果たすためのエンジンとして、インフラとして機能するようになってきています。そういう多様性と複合性を志向すればこそ、コワーキングとしてローカルに貢献できる施設になり得ると筆者は考えています。

人である限り「食」は不可避なテーマであり、またそれだけに誰しも判りやすいテーマです。しかも、ちょっと考えれば、誰もが参加できる多くのイベントネタも思いつくことができます。飲食を共にする、ただこれだけのことでコニュニティが活性化するのですから、可能な限りトライするべきだと思います。

そして、日本全国のコワーキングで、その土地ならではのお昼ごはんが供され、その情報も共有されて、それを楽しみにリモートワーカーが訪ねてくる、そのうち、お昼ごはんを訪ねる旅人たち、というシーンも意外と近いうちに見られるのではないかと、密かに期待しています。

●動画で見るセッションセッション(6)「食」食とコワーキング
動画:Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える「食とコワーキング」 

【タイムテーブル】
伊藤イントロ(0分30秒〜)
市川 育夢氏(1分45秒〜)
佐谷 恭氏(10分25秒〜)
パネルディスカッション(30分05秒〜)
プチ・フューチャーセッションのグループ発表
課題「コワーキングスペースに食をテーマにしたものとして何があればいいか」(1時間02分02秒〜)

※各セッションのリポートはそれぞれ下記のページです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

伊藤富雄
Webビジネス・コンサルタント、コワーキング・エバンジェリスト。自らコワーカーとして業務遂行しつつ、コワーキングの啓蒙と普及に努める。2010年、日本で最初のコワーキングスペース「カフーツ」を神戸に開設。2012年、経産省認可法人「コワーキング協同組合」設立、代表理事就任。2014年「コワーキングマガジン」発行。2016年より「コワーキングツアー」を開始。著書に『グレイトフルデッドのビジネスレッスン#』(翔泳社:翻訳)など