【イベントリポート】Beyond the Coworking:これからのコワーキングを神戸で考える〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜セッション(5)「旅」移働とコワーキング

去る6月16日(金)〜18日(日)の3日間、こうべまちづくり会館で開催されたイベント「Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える 〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜」のリポート、その5本目です。各セッションごとに、6本の記事にして公開します。

各リポートの後半にYouTubeの動画がありますので、ぜひご覧ください。

※各セッションのリポートはこちらです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

なお、このイベントの概要については、セッション(1)「育」子育てとコワーキングのリポートを参照ください。

各セッションは、概ね以下のようなタイムテーブルで進めました。

1)まず伊藤がセッションの目的など説明
2)次に、プレゼンターがひとり20分ずつプレゼン
3)次に、プレゼンター2人と伊藤でパネルディスカッションしつつ質疑応答
4)次に、ここまでの話を受けて、参加者全員で約20分のプチ・フューチャーセッション
5)最後にブレストの内容をそれぞれ発表し、そこで得た知見やアイデアを共有

これをだいたい、1セッション90分で行いました。

セッション(5)「旅」移働とコワーキング

そもそもコワーキングは、地域のフリーランサーや小規模事業者、スタートアップなどのワーカーが共用で仕事をする場所としてはじまりましたが、そこに新しいニーズが生まれ、それに対応しはじめています。

それが、このイベントでも取り上げている「育児」や「学び」や「創造」などですが、移動しながら仕事をする人、つまりリモートワーカーのための拠点にもなり始めています。

我々は、「移動しながら仕事をする」、それを「移働」と書いて、新しいワークスタイルの定着を意図していますが、大企業も導入しはじめたリモートワークの時代にあって、さて、コワーキングはどういう役割を果すのか。そのあたりを探ってみました。

伊藤富雄(いとう とみお)氏

カフーツ〜コワーキング@神戸〜 主宰
コワーキング協同組合 代表理事

リモートワーク・ハッカー。Webビジネス・コンサルタント。自らコワーカーとして業務遂行しつつ、コワーキングひいてはリモートワークの啓蒙と普及に努める。2010年、日本で最初のコワーキングスペース「カフーツ」を神戸に開設。2012年、経産省認可法人コワーキング協同組合設立、代表理事就任。2014年、コワーキングマガジン発行。2016年より全国のコワーキングスペースをめぐる旅「コワーキングツアー」を開始。著書に『グレイトフルデッドのビジネスレッスン#』(翔泳社:翻訳)など。現在、トイロハにてコワーキングをテーマにコラム執筆中。

■プレゼンテーション・サマリー

・いまは「移働」の時代。「移動」ではなく「移働」。

・昨年から日本中のコワーキングスペースを巡る旅をしている。月に一回、短くて3日、長くて8日。これまで15の県、65のスペースにおじゃまして、お話を伺ってきた。それは、コワーキング・ツアーリポートのサイトで公開されている。

・おかげで各地にたくさんの友だちができた。その地でイベントを開催したり、帰ってからも情報交換したりしている。今回のイベントにも、ツアーでつながった各地のスペースからプレゼンターとしてお招きしている。

・ドイツにDeskMagというコワーキングをテーマにしたウェブメディアがあり、毎年、世界中のコワーキングを対象にその現状についてアンケート調査をしている。

・2016年時点で、世界中に11,300ヶ所のコワーキングがあり、これが2017年には13,800ヶ所になるだろうと予測されている。コワーキングスペースで仕事をしているコワーカーが835,000人。ただし、アンケートに回答しているスペースだけの集計なので、これにプラスアルファが結構あると考えられる。

・実は、今年の調査報告に面白いデータがあった。ひとつは「少なくとも1年間に3週間以上、海外で仕事をしたことのあるメンバー」が32%いるということ。そのうち、自分をデジタルノマドと呼んでいるのは44%。従って、コワーカー(メンバー)全体の14%がデジタルノマドである。こういう設問はこれまでなかった。

・もうひとつは、「あなたはこれから先1年間、いま利用しているコワーキングスペースを利用し続けますか」という設問に対し、昨年までは右肩上がりだったのが、今回はぐんと下がるだろうと予測されている。これらは「移働」の兆しだと考える。

・今までは、会社ではなく遠隔地で仕事することをテレワークと言ってきたが、最近はリモートワークという言葉を使うようになってきている。

・「自宅で仕事する」という場合テレワークと言うが、それぞれ遠隔地にいるメンバーがクラウドなどネットを利用して連携し、かつ、移動して仕事することをリモートワークと言う。

・昨年、アメリカの会社員の43%がリモートワークを経験している。リモートワーカーの31%は、週に4日ないしは5日、オフィスを使って「いない」。

・フリーランサーは全労働人口の35%、5500万人いて、彼らも移動する。

・街から街へ、あるいは自然の中で仕事する人も増えてくる。ぼくも昨年、徳島県の吉野川でカヌーに乗った際に川べりで、また、小高い丘のコテッジで宿泊しながら仕事した。

・「移働」の時代。「移働」と書く。

・地方都市のコワーキングは、リモートワーカーを受け入れる施設として整備されるべきだと思っている。少子高齢化の進む地方都市では東京圏からの移住促進に尽力しているが、移住する人よりも、移働する人たちをどんどん取り込んでいき、次から次へと人が移働し、しばらく滞在する間にリモートワーカーがローカル経済に貢献する仕組みを作るほうがいい。リモートワーカーのほうも、各地に仕事仲間ができる。

・地方都市のコワーキングは、地方都市同士の連携を以って、こうしたリモートワーカーを受け入れる体制を持つべきだと考えている。

・最近では、富士通が35,000人の社員を対象にリモートワークを導入した。これを機に日本でも大企業のワーカーがコワーキングスペースを利用する機会が増えてくる。

・これまでは、フリーランサーか会社員か、という分け方だったが、これからは、リモートワーカーかオフィスワーカーか、になる。

・世界中に180ヶ所以上のコワーキングスペースを展開するアメリカのWeWorkも、昨年あたりからマイクロソフト、DELL、セールスフォースなど大企業の社員を何百人単位で大量に受け入れている。入居企業同士のアライアンスもWeWorkがアレンジするような時代になってきた。

・コワーケーションとは、コワーキング+バケーションの造語。例えばバリ島に2週間、コワーカーが集まってバケーションを楽しみつつ、コワーキングで仕事もこなす、途中でカンファレンスなどを催して情報共有もし参加者がつながっていく、コワーケーションが活発になっている。世界中に60以上のプログラムがある。

・ぼくらもドンタクハウスというサービスで、日本のコワーケーションをはじめる。欧米からデジタルノマドを日本に呼び寄せようと準備中。これの成立要件は、「コワーキング」と「宿泊施設」それに「アクティビティ」。彼らは「体験」を買いに来るので、日本ならではのもの、その土地ならではのもの、神戸ならではのものを愉しんでいただく。ただし、日本中のどこの地方都市でも有効。

・観光業の4つの成立要件は「自然が豊か」「気候風土にバリエーションがある」「歴史・文化が深い」「食事が美味い」で、日本は最強。特に地方都市、田舎のほうが、トラディショナルな日本を満喫できるので喜ばれる。

・一方、ゲストハウスに似ているが、3ヶ月とか1年のあいだ、共同生活をするColiving(コリビング)が欧米でできはじめた。アジアではカンボジアにも、「コワーキング+コリビング」という施設があり、上の階にレジデンスがあり下の階で仕事するようになっている。

『「移働」の時代に、Coworking + Coliving がじわじわ来る。』にそのへん詳しく書いているので参照願いたい。

・今回のイベントのもともとのテーマは、コワーキングと「育」「学」「創」「食」「働」そして「旅」を掛け算しているが、「旅」は「移働」を前提としている。旅をするリモートワーカーを受け入れる施設としてのコワーキングが必要だ。

・千葉県佐倉市のコワーキング「おもてなしラボ」では、コワーキングスペースの奥にドミトリのゲストハウスが併設されている。

・こういう働き方をする人たちが増えてくるし、そういう人たちがつながる接点としてのコワーキングが結構重要である。少子高齢化の進んでいる地方行政は積極的に取り組むべきだ。

・「移働」しましょう!

佐谷 恭(さたに きょう)氏

PAX Coworking 主宰
パクチーハウス東京 オーナー

1975年神奈川県秦野市生まれ。パクチーを愛する旅人。ランナー。98年京都大学総合人間学部卒業、2004年英国ブラッドフォード大学大学院(平和学専攻)を修了。富士通、リサイクルワン、ライブドアを経て、07年株式会社旅と平和を創立。世界初のパクチー料理専門店・パクチーハウス東京をオープン。東京初のコワーキングスペース・PAX Coworking主宰。シャルソン(ソーシャルマラソン)創始者。「肩書きは自分で作れ」がモットー。 https://kyoblog.beemanet.com/

■プレゼンテーション・サマリー

・10年ぐらい会社(事業)をやっている。ひとつはパクチー料理専門店「パクチーハウス東京」、PAX Coworking、そしてシャルソン。

・すべてに共通するのは、誰かと誰かが自然に話すことができるということ。食べる時に友だちと食べるだけではなくて、たまたま同じレストランに居る人と話をする。

・レストランを3年経営した結果、単に仲良くなる、しゃべるだけではなくて、一日数時間の食事の時間よりも、一日8時間の仕事の時間をもっと面白くしたらいいなと思ってコワーキングスペースを作った。

・コワーキングという概念はなかったが、まずその言葉を知ってオモシロそうだなと思い発信し始めたら、伊藤さんが(神戸に)コワーキングを作ると知って、Twitterに電話番号が書いてあったので電話して、その日「はじめまして」からコワーキングについて2時間電話で話した、というのが最初。

・今でこそ関西にも関東にもコワーキングがあって、コワーキングカンファレンスも何回かやって、いろいろ動きが出てきたけれども、7年前にはじめてから、その後1年ぐらいは何もないというのに等しいぐらい、何もなかった。

・コワーキングの「コ」は「CO」なので「一緒に」の意だが、当時の「コ」は「孤独」の「コ」だった。スペースに誰も来なかったので、ジェリーという一緒に仕事するイベントを半年ぐらいやって、コワーキングの面白さを理解したけれど、普段は自分で「孤独」の「コ」をやって、これは駄目かもしれないなと思った。

・それでも、世界ではじまってるというのはどういうことかと思って、それからアジアやヨーロッパのコワーキングを一年に数回、2011年、2012年、2013年に、20ヶ所ぐらい行って、まず友だちになってFacebookでコミュニケーションできるようになった。

・しかし、ここへ来て世界のコワーキングスペースのパイオニアたちが、「場所としてのコワーキングスペース」をやめて、新しい活動をし始めている。

・「場所ではなく人」と最初から言われているコワーキングスペースだが、自らスペースを借りて運営すると、「オレが場所にいないと運営が成り立たない」という事態が発生した。これを、キッパリ捨てた人が2年前ぐらいから出てきて、その人たちが世界中を旅して、いろんな「移働」を促進している。

・いま、世界に1万以上のコワーキングスペースができているが、数年前は2,000を超えたとか、もっと前は500を超えたとかだった頃、例えば東京に3つしかなかったし、神戸に2つしかなかった。その頃は、Aのコワーキングスペースの人が、「Bのコワーキングスペースってどうなんだろうね」と、イベントに行ってみるとか、両方使ってる人が結構多かったが、都内でも300ぐらいスペースができてきて、もう仕事しに行くだけだから他のスペースは関係ないという感覚の人が増えてきた。

・コワーキングスペースが広まるという意味ではそれも良かったが、最初からわけがわからないままコワーキングスペースをやっている人にとっては全然面白くない。それでやめたりする。

・コワーキングスペースをもっとみんなやってほしいだが、面白い人を待つのではなくて、面白い人に会いに行くし、あるいは自分が面白い人になって発信していく、そうして移働することによってコワーキングも楽しくなる、そういう時代が来た。

ノート

「移働」は日本の中だけの話ではなく、もうすでに世界的な兆候であり、自然な動きだと思います。まだ一部の職種、業種に偏りはあるものの、どこかに定住することを前提に暮らしを立てたり、社会の制度やシステムを設計するのは、必ずしも適当ではなくなってきています。

もちろん、どこかが本拠地であることには変わりはないですが、その他にもいくつも拠点を持つ、それらを適宜使い分けていく、というのがこれからどんどん可能になってくるわけで、それを踏まえて働き方、もっと言うと生き方を再考する、もうそういう時代になっていると思います。

移動することで新しい人と出会い、新しいコミュニティに参加し、新しい価値を生み出す活動に参加できます。そういう人たちが日本中、世界中を移動することで相互に補完し合いながら価値を分配できるはずです。

「移働」のベースキャンプとして、コワーキングを使う。コワーキングは、世界中のリモートワーカーをつなぐハブであり、インフラです。

●動画で見るセッションセッション(5)「旅」移働とコワーキング

当日、YouTubeのライブストリーミング機能を利用してネットで生配信しましたので、こちらに掲載します。なお、ビデオは配信したときのままで編集していないことをあらかじめご了承ください。

ただし、各プレゼンターの話し始める時間、およびパネルディスカッションの始まる時間は、それぞれ記載しています。また、パネルディスカッションのあと、グループごとにフューチャーセッションに入る時間帯もそのまま動画に収められていますが、定点カメラでの撮影を全く意識していない映像が続くので(それはそれで面白いのですが)、適宜、そのあとのグループ発表の時間にスキップしてください。

動画:Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える 「移働とコワーキング」

※ビデオの中では、伊藤のプレゼン資料がスクリーンで真っ白になっておりますので、当日、使用したスライド資料を以下に貼っておきます。

【タイムテーブル】
伊藤 富雄氏(1分52秒〜)
佐谷 恭氏(13分50秒〜)
パネルディスカッション(21分50秒〜)
プチ・フューチャーセッションのグループ発表
課題「移働する人にとっての理想のコワーキングとは何か」
「もし自分が移働する人だったらどういうコワーキングスペースがいいか」(47分27秒〜47分55秒)
<お詫び> 
最後のグループ発表部分は機材のトラブルにより47分55秒で録画が停止してしまいました。

※各セッションのリポートはそれぞれ下記のページです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

伊藤富雄
Webビジネス・コンサルタント、コワーキング・エバンジェリスト。自らコワーカーとして業務遂行しつつ、コワーキングの啓蒙と普及に努める。2010年、日本で最初のコワーキングスペース「カフーツ」を神戸に開設。2012年、経産省認可法人「コワーキング協同組合」設立、代表理事就任。2014年「コワーキングマガジン」発行。2016年より「コワーキングツアー」を開始。著書に『グレイトフルデッドのビジネスレッスン#』(翔泳社:翻訳)など