【イベントリポート】Beyond the Coworking:これからのコワーキングを神戸で考える〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング

去る6月16日(金)〜18日(日)の3日間、こうべまちづくり会館で開催されたイベント「Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える 〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜」のリポート、その4本目です。各セッションごとに、6本の記事にして公開します。

各リポートの後半にYouTubeの動画がありますので、ぜひご覧ください。

※各セッションのリポートはこちらです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

なお、このイベントの概要については、セッション(1)「育」子育てとコワーキングのリポートを参照ください。

各セッションは、概ね以下のようなタイムテーブルで進めました。

1)まず伊藤がセッションの目的など説明
2)次に、プレゼンターがひとり20分ずつプレゼン(※「創」セッションは3名)
3)次に、プレゼンターと伊藤でパネルディスカッションしつつ質疑応答
4)次に、ここまでの話を受けて、参加者全員で約20分のプチ・フューチャーセッション
5)最後にブレストの内容をそれぞれ発表し、そこで得た知見やアイデアを共有

これをだいたい、1セッション90分で行いました。

セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング

このセッションは、コワーキングが(いろんな意味での)クリエイターにとってどういう活動の場にあるか、あるいはそこからどういうことが派生しているのか、そしてこれからコワーキングをどういう風に運営すればクリエイターの役に立つのか、そのへんを探る手がかりにしたいと思いテーマとしました。

そこで、それぞれのスタイルで実際にものづくりに携わっておられる三人の方からお話しいただきました。三者三様の立場と活動から、「創:クリエイティビティ」についてコワーキングが果たす役割についてさまざまなヒントを得ました。

中村 雄季(なかむら ゆうき)氏

埼玉県出身。大学卒業後、東京でWEBディレクターとして勤務。2013年、自然に寄り添ったライフスタイルと社会経済の構築を目指し山形県庄内地方へ移住。現在70aの畑を借り受け耕作するとともに、フリーランスのWebデザイナーとしてWEBサイト構築・編集・ライティングを手がける。コワーキングスペース「UNDERBAR」の仲間とともに2017年3月に映画を完成させたアンダーバー短編映画制作実行委員会では共同代表を務めた。

※今回は、山形県酒田市からオンラインで登壇いただきました。(上の画像の前列右から3人目)

※今回、ご紹介いただいている映画『作りたての家族』の予告編

■プレゼンテーション・サマリー

・現在、山形県遊佐町で農業とウェブデザイナーをやっている。本業を農業にしたいと考え、いまは移行期間中。

・昨年より東北公益文科大学内に開設されたコワーキングスペース「UNDERBAR」のウェブマスターとして、ウェブデザインやコンテンツ制作を1年間やっていたが、その1年の仕上げとして、『作りたての家族』という映画制作のため「アンダーバー短編映画制作実行委員会」を起ち上げた。この映画は、非営利で自主制作プロジェクト。

・制作予算は40万円で、クライドファンディングや庄内地区の企業に協賛いただき、補助金などは一切使っていない。制作メンバーはUNDERBARのFacebookページで募集し、10代の中学生から50歳代の方まで約20名が集まった。

・1月はじめにキックオフミーティング、チームビルディングをして、1月中に脚本、キャスティング、2月に撮影、編集、3月22日にイオンシネマ三川で試写会を行った。

・酒田の映像制作会社、株式会社オリーブがクリエイティビティのところを無償で全面協力してくれた。脚本はメンバーでいちから書いたが、オリーブさんがリードしてくれた。ヘアメイクもメンバーの中に美容師がいたので無償でしていただいた。全校生徒50名ぐらいの高校があり、そこで教室を借りた。エキストラの学生も30名ぐらい出演している。

・イオンシネマ三川での試写会には200人が集まった。立ち見も出るほど盛況で、酒田ではなかなかこういうことはない。現在は映画祭に応募中。

・もともと酒田市の助成金を使って開設したコワーキングだが、酒田市としては、地元から起業家を輩出することが大きな目的だった。そのため、単なる仕事場ではなく、ここからクリエイティブなものが生まれる、そういう場を目指して運営していた。しかし、現実にはなかなかそういうものが生まれるということも難しく、もどかしく感じていた。

・コワーキングで俺達もなんかやってみよう、という機運を高めたいと思い、楽しいことをいろいろやっていこうぜというメッセージを発信していたが、スペースの運営から卒業する最後の段階に自分たちでそういうプロジェクトをやることで、UNDERBARの理念を体現したい、地域にメッセージを発していきたい、そういう思いで映画を作ることにした。

・だから、もともと「映画を作りたい」とか「この脚本を映画にしたい」ということで作ったのではなく、なにか地域のクリエイティビティを盛り上げるようなことをやりたい、ということで、たまたま仲間内に映画を作る人がいたので作ることになったのが実際のところ。

・振り返ってみて、クリエイティビティとコワーキングのカギが3つあったと思う。ひとつは「愛」。たくさんの人を巻き込んでできたことだが、ここに愛がないと巻き込む方も巻き込まれる方も幸せにはならないなと思った。メンバーへの愛だったり、理念への愛だったり、コワーキングという考え方への愛だったり、クリエイティビティへの愛だったり、愛がないと巻き込む方もすごいたくさんの作業量があるのでやってられないし、巻き込まれる方も愛がないと面白くないと思う。

・2つ目が「覚悟」。お金が集まらなくても、メンバーが集まらなくても、映像会社を巻き込んだからには最後は自腹を切ってでも、本業が疎かになっても3ヶ月間はやりきろうと、そういう覚悟でやった。その覚悟が伝わってお金を集めることができたりとか、メンバーもいろいろ動いてくれたのかなと思う。

・最後は「信頼の積み上げ」。UNDERBARで1年間働いてきたが、この人がやると言ったら最後までやりきるな、というお互いの信頼とUNDERBARの理念が浸透しているメンバーが何人かいて、その人たちがコアメンバーとしてこのプロジェクトを進めた。ひとりだと大変だし迷いも出るが、信頼感のあるメンバーをコアに持てたことでこのプロジェクトができた。

東村 奈保(ひがしむら なお)氏

NPO法人ソーシェア 代表理事 
株式会社ヒトトバ 代表取締役

神戸生まれ、神戸育ち。2013年2月、「シェアで社会問題を解決する」をテーマにNPO法人ソーシェアを設立、 翌年よりシェアハウス事業を始める。2014年12月、神戸元町商店街にモノづくりクリエーターの展示販売シェアスペース「TuKuRu-ツクル-」の運営を開始。2017年4月、株式会社ヒトトバを設立。神戸元町5丁目にて、ひとつの店舗をシェアすることで誰もがお店を持てるしくみを取り入れた「シェアキッチン ヒトトバ」の運営を開始。「やりたい!」を気軽に実現する場所があれば、街はもっと面白くなるはず。そんな人と場をつないでいく役目でいたいと考えている。

■プレゼンテーション・サマリー

・神戸市の地域創業活性支援事業で商店街の空き店舗の活用事業としてTuKuRuをはじめた。

・この(元町商店街)は西に行くほど人通りが少なくなる商店街。なにかその商店街でなければないものを打ち出さなければいけないと考え、クリエイターの活動拠点として、ものづくりの人たちが集まるような個性のある商店街というのを提案した。クリエイターの常設展を開き、そこから独立して店を持つ、という循環がいいのかなと考えている。

・入居した物件をクリエイターの店らしく改築した。開店前から話題作りしていく必要あるということで、すべてDIYでやっていくことにした。ちょうど6丁目でイベントがあったのでそれに合わせて開催した。通りがかりの会社員や学生さんが来て手伝ってくれた。たまたま通りがかった市長も壁を塗った。参加した学生からもいろいろ提案していただいた。

・現在、31名のクリエイターが在籍している。アクセサリー、シルクスクリーンのカバン、時計、植物、革小物、洋服、靴、などさまざまなものを置いている。カフェもあり、パンも焼いているし、お酒もある。

・もともとコワーキングスペースをやろうということではなかった。ただ、1年間、物販だけをやってる中で、物を売ってるだけではなかなか人は来てくれない、そこを仕事場として使っていくのもいいんじゃないかと考え、2階をコワーキングスペースにした。普通にカフェ使いでいいということで仕事場にしてもらっている。

・いつもクリエイターがいるというイメージを出したい。展示販売会やワークショップをやっている感じ。日本酒バーなども行い、いろいろ発信できるような場にしている。

・当初は全部自分でイベントを企画していたが、いまは9割ぐらいが持ち込みイベントになっている。落語会、食事の会、食べる通信、庭の貸し切りBBQ、月に一回出張の花屋さん、などなど。

・改装費はクラウドファンディングで64名の方に支援していただいた。支援者のお名前を記してみんなで作った場だということを伝えている。

・シェアキッチンヒトトバもコワーキングと同じカテゴリと考えて開業した。週替りや日替わりで飲食店をやる人が入れ替わって営業するスタイル。飲食業する方のトライになるのではないかということで始めた。

・いろいろやってきて、人がやりたいということを実現できる場がなかなかないということに気づいた。街を作るのは人と場所だと思う。そういう場所をたくさん作ることによって街も面白くなるし、そういう街が増えることによって日本もどんどん元気になっていくんじゃないかと考えている。

山口 晶(やまぐち あきら)氏

TEAMクラプトン共同代表

「みんなでつくろう」を合言葉に内装工事やイベントの設営を行う。施主や、近隣住民、作るのが好きな人たちと一緒に工事を行い、工事という行為を共有することでできるコミュニティや価値観の共有などを図っている。今後は、「みんなでつくろう」を極めると共に、東南アジアにて活動を開始する予定。また、シェアキッチン型カレー屋「ノラ・ガルチェ」の運営などもはじめる。

■プレゼンテーション・サマリー

・チームクラプトンは4人でやっていて、プロの大工はひとりもいない。唯一、自分だけ住宅設計の経験者。人好き、ものづくりが好きでやってる。設計はずっとデスクワークだが、自分はじっとしていられないタチなので週末にものづくりやっていた。

・図面を書いて大工さんにつくってもらわねばならない、というのがフラストレーションだった。また、施主と工務店という関係では、4000万払う施主のほうが上の位置にある。

・チームクラプトンは「みんなでつくろう」を合言葉にしている。いろんな人に来てもらう。施主、その友達、地域の人、作るのが好きな人たちが来る。

・外国人オーナーのビルで、日中は英語教室だが、夜はバーにしたい。生きた英語が喋れるような外国人も日本人も集まる場所にして、屋上はアウトドアを愉しむ。アメリカ人の彼は全部自分でやろうとしていたので、その話を聞いて、じゃぼくらが週末に来て、作るのが好きな人たちを集めて、ぼくは設計ができるからデザインとかも考えます、材料費とご飯だけいただければ、という条件で始めた。

・ものづくりを介して遊びをしているようなもので、ものづくりの中で日本人も外国人も勝手にコミュンケーションしている。現場が遊び場になっていくと、週末が生産的な、ものが残る週末になっていく。

・そこでコミュニティが生まれ始める。大阪のシェアハウスでは、そこの住人と一緒に作る。チームクラプトンでみんなで作れば居場所ができる、チームができる。自分で作れば多少のことはあとで自分で治せるようになるし、コストカットもできる。終わったあとにみんなでビールで乾杯が最高にうまい。

・チームクラプトンとは、現場という場所を使って作るという行為をツールにコミュニケーションの場所をマネージメントするチームだ。工務店ではない、大工さんではない。

・場を共有するというのが重要で、うちのメンバーはみんな一緒に住んでる。すると、必然的に打ち合わせできる。情報共有の密度がすごく高い。お互いの価値観をちゃんと判り合える。

・一緒にいるということは、コワーキングスペースでも非常に重要なことだ。一緒に作ってると「こうしたい」が一日何十回もできる。しかも次の瞬間からできる。このスピード感が大事だ。

・ポルトガルでの事例

CRUというポルトガルのコワーキングは、クリエイティブ系の人達が集まるスペースで、35席ぐらいの規模。ここには、クリエイティブ系の人達が作ったものを販売できるショップがあり、地下にはワークショップがあって溶接とかできる。利用料が月6500円。

・ポルトガルは5年前に経済破綻していてドイツの支援で成り立っている。仕事がないので大学の卒業生の60%が国外に流出している。残ってる40%の人たちはめちゃくちゃもがいていて、自分でトライアル&エラーをしている。行政はイベント会場として使う時にサポートしている。

・コワーキングは小さな事業者の集合体なので低利益かも知れないが、瞬発性に優れているし、それぞれがリーダーになっているので、粘り強さみたいなのが感じられた。

ノート

コワーキングというと、ITやウェブに関わるワーカーの集まる場所というイメージが強いと思いますが、それらも含めて「何かものをつくる」そして「新しい価値を創造する」人たちのための場であることは事実です。

そして、その活動の方法論は実にさまざまですが、コワーキングは彼らが相互に保管し合ったり影響し合ったりする、まさにコミュニティのパワーをフルに活用して創造力を養い発揮するステージにもなっています。

そこに不可欠なのは、中村さんがあげた3つの要素でしょう。「愛」「覚悟」「信頼の積み上げ」、これらはなにもコワーキングだからこそではなく、これからの社会を生きていく上で、いつでもどこでも常に問われ続けることでもあります。コワーキングは、いわば、その鍛錬の場としても機能していると言えます。

ものづくりは、そのまま、人づくりでもあるのですね。

●動画で見るセッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング

当日、YouTubeのライブストリーミング機能を利用してネットで生配信しましたので、こちらに掲載します。なお、ビデオは配信したときのままで編集していないことをあらかじめご了承ください。

ただし、各プレゼンターの話し始める時間、およびパネルディスカッションの始まる時間は、それぞれ記載しています。また、パネルディスカッションのあと、グループごとにフューチャーセッションに入る時間帯もそのまま動画に収められていますが、定点カメラでの撮影を全く意識していない映像が続くので(それはそれで面白いのですが)、適宜、そのあとのグループ発表の時間にスキップしてください。

動画:Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える 「クリエイティビティとコワーキング」

【タイムテーブル】
伊藤イントロ
中村 雄季氏(1分56秒〜)
東村 奈保氏(16分14秒〜)
山口 晶氏(30分59秒〜)
パネルディスカッション(51分36秒〜)
プチ・フューチャーセッションのグループ発表
課題「ものづくりとコワーキングを実行するならどういうコワーキングだったらいいか、自分だったらなにをしたいか」(1時間24分50秒〜)

※各セッションのリポートはそれぞれ下記のページです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

伊藤富雄
Webビジネス・コンサルタント、コワーキング・エバンジェリスト。自らコワーカーとして業務遂行しつつ、コワーキングの啓蒙と普及に努める。2010年、日本で最初のコワーキングスペース「カフーツ」を神戸に開設。2012年、経産省認可法人「コワーキング協同組合」設立、代表理事就任。2014年「コワーキングマガジン」発行。2016年より「コワーキングツアー」を開始。著書に『グレイトフルデッドのビジネスレッスン#』(翔泳社:翻訳)など