【イベントリポート】Beyond the Coworking:これからのコワーキングを神戸で考える〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜セッション(2)「学」学びとコワーキング

去る6月16日(金)〜18日(日)の3日間、こうべまちづくり会館で開催されたイベント「Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える 〜コワーキングと◯◯を掛け算しよう〜」のリポート、その2本目です。各セッションごとに、6本の記事にして公開します。

各リポートの後半にYouTubeの動画がありますので、ぜひご覧ください。

※各セッションのリポートはこちらです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

なお、このイベントの概要については、セッション(1)「育」子育てとコワーキングのリポートを参照ください。

各セッションは、概ね以下のようなタイムテーブルで進めました。

1)まず伊藤がセッションの目的など説明
2)次に、プレゼンターがひとり20分ずつプレゼン
3)次に、プレゼンター2人と伊藤でパネルディスカッションしつつ質疑応答
4)次に、ここまでの話を受けて、参加者全員で約20分のプチ・フューチャーセッション
5)最後にブレストの内容をそれぞれ発表し、そこで得た知見やアイデアを共有

これをだいたい、1セッション90分で行いました。

●セッション(2)「学」学びとコワーキング

コワーキングは仕事をする場であるのと同時に学びの場でもあります。仕事に直結する技術の習得や情報の収集などの他、ありとあらゆるテーマでセミナーやワークショップが開催されています。これらの学びの多くが、ひいては生き方に大きく関わることを考えれば、コワーキングスペースが仕事の場であるより学びの場であることのほうがむしろ重要かもしれません。

では、さまざまな学びの機会を求める人たちにとって、コワーキングはどのように機能するのか、するべきなのか、コワーキングの内と外から深く関わる、共に教育者の立場にあるおふたりにお話しいただきました。

平尾 清(ひらお きよし)氏

東北公益文科大学経営コース特任教授・青山学院大学経営学部非常勤講師
コロンビアビジネススクールVFA 講師・酒田市政策参与
ShareINITIATIVEs Founder&CEO 東北公益文科大学内コワーキング「UNDERBAR」開設者

マーケティング・スペシャリストとして、IBM、マイクロソフト、GEを顧客志向に変革するプロジェクトをリード。現在は、その経験と知識を活用して様々な機関や組織のビジネス戦略/人材育成に携わる。コワーキングスペースの可能性は、社会を大きく変えていく原動力になると考え、大学と地域、民間を新しい関係性でつなぐプロジェクトにチャレンジ中。

■プレゼンテーション・サマリー

・山形県酒田市の東北公益文科大学の学内に、大学と行政、民間、そして地域のみんなで作ったコワーキングスペースがUNDERBAR(アンダーバー)。ちなみに同学は、日本で唯一「公益学部」がある大学。予算は酒田市からいただき、指定管理で大学が運営している。利用者は学生と社会人が半分ずつ。

・学びはどこにあるか?学びのピラミッド(学習平均定着率)では大学はわずか5%に過ぎない。一方、グループ討論、自ら体験する、他の人に教える、が最も大きな学びがある。これらはすべて「体験」である。自分から学ぼうとした瞬間に学びは深くなる。学びは自立するためにあり、自分の考えで生きていくには学びが必要。

・コワーキングスペースは学びが深まり、自立する機会に巡り会える場所であり、プラス、仲間が見つかる場所である。アンダーバーでは年令に関係なく、学生かどうかに関係なく、社会人と学生が混じり合って、お互いが学び合いながら自立する方法、もしくは仲間を見つける場所になっている。実はそういう場所は他にはない。

・地域活動に真剣に取り組んでいる人、一生懸命カルチャーを起こそうとしている人、未来に向けてチャレンジしている人は「場所がない」と言う。空き家もたくさんあるし、大学もあるし、公共施設もあるし、公民館もたくさんあるし、場所がないわけがない。物理的な場所ではない、人が集まってきて学びあって色んな人が来る、そういう場所がない。

・アンダーバーは、もとは会議室だったのをコワーキングスペースにしたら利用者数が3.5倍〜15倍になり、月間最大600人が使っていて、稼働率は90%。昼間は学生中心だが、夜は社会人が結構やって来る。その間(夕方)に両方が混じりあう時間「マジックタイム」があり、交流が起こっている。

・アンダーバーには、山形大学、新潟大学、東北福祉大学、埼玉大学、熊本大学、東京大学などから学生が来るが、もともと地元出身の学生であり、夏休みや年末に帰省した折にコワーキングスペースにやってくて同窓の場所になっている。

・会員数は1年で140名、酒田市の人口が10万人、Facebookページのいいねが2004名で、東北6県の中では2番めに多い。NPOの日本西海岸計画や日本政策金融公庫、お隣の鶴岡市、などとも連携するなど、地域の総力を集めるような仕掛け作りをしており、地域にあるいろいろな創業プログラムをつなげる役割も担う。コワーキングスペースは発掘とコミュニティづくり、次のプロセスにつなげていくのが役割。

・創業イベント、ハッカソン、市長を招いてのイベント、慶應義塾大学とネットで繋いでシンポジウム、東北コワーキングサミットなどのイベントなども行っている。最近では、中国からの留学生もいる。学生のうちからコワーキング起ち上げに協力し、卒業と同時に大学職員となった人もいる。また、図書館ではなく、コワーキングスペースで勉強した学生の公務員合格率が100%。中には、大学3年生で個人事業主として起業した学生もいる。

・映画制作プロジェクトが発足、完成し各地のフィルム・フェスティバルに出品している。12月に発案、1月に脚本制作、2月に撮影、3月試写会というざっくりしたスケジュールで作ってしまった。

・組織を作っていくとついつい壁ができていき、いずれ個別化していく。コワーキングスペースは、その壁を超えるアプローチとして位置づけられる。つまり、人々をもう一回再接続する場所である。いま日本中のコワーキングで言われている言葉、「ホッとする」「安心する」は、個別化されたり分離される世界観の中で、つなげたいとか、お互いに近づくのを許される場所が珍しくなってしまったという一つの証拠である。

・大学は未来に向け自立を学ぶ場所、そこにコワーキングスペースができたというのは運命的なことであるかもしれない。我々はバベルの塔を創るようなアプローチから、壁を超えたり、もう一回有機的につながるということをやり始めないと行けないタイミングではないか。大学とコワーキングはその推進エンジンになれるのではないか。

大塚 毅彦(おおつか たけひこ)氏

国立明石工業高等専門学校建築学科教授 

専門:都市計画・生活空間計画、居住福祉のまちづくり、ユニバーサルデザイン&インクルーシブデザインのまちづくりが専門。知識創造社会にむけて、高専のイノベーション教育に向けて、2014年からフュチャーセッション明石を毎年実施し、地域との共創のまちづくりを試行錯誤中。近年では、BMIA認定ジュニアコンサルタントとして、自治会と災害復興、災害時要援護者の避難に関する研究を行っている。

■プレゼンテーション・サマリー

・教育の破壊的イノベーションについてお話したい。2018年からお金が回らなくなるのではないかと言われているが、後ろ向きの議論ばかりで未来を妄想していない。ほしい未来をどうやって創造するのか、当校では未来を妄想する学生をたくさん作ろうとしている。リンダ・グラットンの「人生100年」が評判だが、日本で大企業の部長や課長になれる確率は3%。リタイヤした人も入学できればいい。理科系の優れた頭脳が文系営業組織を再構築するし、ものづくりする学生たちは金の卵だ。

・自分と他人とを組み合わせて新しい自分を生み出すコネクティング・インテリジェンス、チームビルディングが大事。また、コプラスワークといって、学年をまぜて1年間プロジェクト学習をしている。大阪大学のCOデザインセンターなどでも、知識を共有することが大事とし、対話と共創と連携と協奏(コンチェルト)を訴えている。

・体系的に習得させる教育制度が必要。高専は中学校から7年間だが、日本の教育は単線的で、キャリアは働いてから作る。そうではなくて複線型の生涯キャリアを考えて、普通科・高専・マイスター学校を経て、社会人になっても学ぶ、それをコミュニティの中で勉強したほうがよい。日本は多様性がOECD諸国で最低、25歳以上の学生が大学にいない。海外には年配者の学生が多い。

・当校の学生には、受動的な暗記学習や主体的に取り組むということがなかなかできていないなど弱点もある。社会にたくさん輝いた人がいる、そういう人と話をしたり行動する、それによって火がつくことも結構ある。当校ではオープン・エデュケーションに取り組んでいる。キーワードは”Beyond(突き抜けよ)!” π(パイ)字型人材育成として、ふたつ以上のプロフェッショナルなキャリアを学校で育成する。そのためには、学内だけではなくコワーキングなど学外に出かけていく。

・企業の労働環境も変わってきた。企業がイノベーションを起こすには楽しい空間でなければならない。そんな中、当校ではオモロイ高専を作ろうとしている。コワーキング、フューチャーセッション、FabLab、まちライブラリー、Makersなどを学内に作れればいいのだが、予算もなく規制もあるのでなかなか実現しない。それでは外に作ったらどうか、それをサテライトのように繋いでもいい。

・うちの学生によれば、コワーキングとは少し押しが強くておせっかいな仲人みたいなもの。人を介するオーナーやスタッフがいる。話を聞いたり相談できる誰かがいる。ここが、学生が活躍できる場所であってほしい。

・高専では社会に出ていくプログラムをいろいろ取り組んでいるが、一番大事なのは実体験だ。そして、これからはひとつのテクノロジーだけではダメ。連続エンジニアになれるような教育をしていかないといけない。好きになる、夢中になる、のめり込む能力を育む。1年生のうちから学外に出て面白い大人と話をしてくる、背中を見てくる。あるいはインターンシップも1年生から行きたい学生がどんどん企業に行く。フェイス・トゥ・フェイスでリアルなこと、リアルな対話を学内に持って教育している。

ノート

平尾さんが旗を振った東北公益文科大学のコワーキング「UNDERBAR」の事例では、官民産学が共同でコワーキングを開設したことも画期的ですが、そこに地元の人たちも仲間として参画することで、より密なローカル・コミュニティができ、人のつながりが有機的に作用しています。コワーキングを決して「特別な人たちだけのもの」にしてはいけない理由がそこにあります。

当事者が自分たちの環境をより良いものにしていく、まさしく人々をもう一回再接続する、この意識が地方都市のコワーキングには不可欠ではないでしょうか。そして、わずか数ヶ月で映画を制作してしまう、その機動力とスピード感は、まさにコワーキングのコミュニティならではの醍醐味です。

また、大塚さんの「妄想する学生を創りたい」という言葉に対する平尾さんの「妄想は資源の少ない我が国の最大の財産」というコメントはまったくその通りだと思います。そして、学内だけではない、広く外に開いたとき、その妄想を、現実のものにしていくプロセスでコワーキングが果たす役割は存外大きいと考えています。

北欧には学内にコワーキングを作り、そこに卒業して起業した先輩方がメンターとして後輩を指導する大学もあると聞きます。まさに学びの場であると同時に、起業家育成の場としてコワーキングがあることを物語っています。教育の場にコワーキングのスキームを持ち込むことで、さまざまな相乗効果が期待されると考えるのは筆者だけではないのではないでしょうか。

●動画で見るセッション(2)「学」学びとコワーキング

当日、YouTubeのライブストリーミング機能を利用してネットで生配信しましたので、こちらに掲載します。なお、ビデオは配信したときのままで編集していないことをあらかじめご了承ください。

ただし、各プレゼンターの話し始める時間、およびパネルディスカッションの始まる時間は、それぞれ記載しています。また、パネルディスカッションのあと、グループごとにフューチャーセッションに入る時間帯もそのまま動画に収められていますが、定点カメラでの撮影を全く意識していない映像が続くので(それはそれで面白いのですが)、適宜、そのあとのグループ発表の時間にスキップしてください。

動画:Beyond the Coworking これからのコワーキングを神戸で考える 「学とコワーキング」

【タイムテーブル】
伊藤イントロ(5分35秒〜)
平尾 清氏(11分23秒〜)
大塚 毅彦氏(34分48秒〜)
パネルディスカッション(1時間04分14秒〜)
プチ・フューチャーセッションのグループ発表
課題「自分だったらここをどういう学びの場として活用したいか?」(1時間44分35秒〜)

※各セッションのリポートはそれぞれ下記のページです。

セッション(1)「育」子育てとコワーキング
セッション(2)「学」学びとコワーキング
セッション(3)「働」起業とコワーキング
セッション(4)「創」クリエイティビティとコワーキング
セッション(5)「旅」移働とコワーキング
セッション(6)「食」食とコワーキング

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

伊藤富雄
Webビジネス・コンサルタント、コワーキング・エバンジェリスト。自らコワーカーとして業務遂行しつつ、コワーキングの啓蒙と普及に努める。2010年、日本で最初のコワーキングスペース「カフーツ」を神戸に開設。2012年、経産省認可法人「コワーキング協同組合」設立、代表理事就任。2014年「コワーキングマガジン」発行。2016年より「コワーキングツアー」を開始。著書に『グレイトフルデッドのビジネスレッスン#』(翔泳社:翻訳)など